MV AGUSTA 900 S Arthuro Magni Cento Valli

2012年12月25日NomesobonBBSに4気筒の売物情報の投函が、車両の情報を見るとMV AGUSTA 900 MAGNI Special.です。
フレームはマーニの旧型、おぉこれは「買い」鴨と!(^^)!、帰省ラッシュになる前に名古屋まで、先約1名様で私は二番手、
権利が回ってきたら、これも縁だと思ってと密かに期待していたところ、先約様が見送られたことで私のところへ・・・
「やった〜」買ってしまいました4気筒!
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
プラグコード  2013/06/29
 

イタリア車定番のコタツコード、標準の色柄のコタツコードは入手できませんでした。コタツコード全交換しておきます。

タンクコック  2013/06/29
 

標準のタンクコックは入手できませんでした。パッキンだけでもワンオフだと時間がかかるので今回はコックごと交換します。
サイズ、ピッチが合うものがなくかなりネットで探してイタリアのサイトでリペア品を発見して送ってもらいました。
コックが標準品よりも長くコックがエンジンのヘッドにあたります。コックを切ろうかと思案しましたが、タンクを少し浮かすこととしましたそのほうが配線も挟まって潰れないので、コックの開閉は注意必要です、グローブなしにコックの開け閉めはできません、ヘッドのナットに手が当たった水ぶくれになりました。かなりあついです。(下の画像の丁クレバーの上にコックがありますよね、そのコックがヘッドのナットに触れています、このあたり大変熱いです)
ポイントも新品に交換します。

チョークレバー  2013/06/29
 

チョークレバーが1番と3番しか接続されていません。
たぶん、最初からこの仕様だと思うのですが、2番4番にチュークレバーを取り付けようとしたのですが装着できませんでした。
寒い冬場でも今の仕様でエンジン始動できていますので問題なしとします。
トップキャップのガスケットは自作です。
クラッチ、アクセルワイヤー通常品では加工なしには装着できません。

キャブ組立完了・・・・なんですが  2013/06/29
 

キャブを組立していてもいろいろ問題が。。デロルトのキャブはあまり強くありません。既にバンジョウがぽろぽろなるので交換です。送られてきたパーツは標準リペア部品ですがサイズが微妙に違います。
キャブのブラケット取り付け部ネジが舐めていたのでヘリサート入れてます。

PHF30B×4連  2013/06/22
 

キャブはばらしてドブ漬けを少々、半端なく部品点数多い(;´・ω・)

センタースタンド受けゴムとバッテリーケース  2013/06/22
 

いつもAMERICA のバッテリーは大きな〜って思っていました。
軽自動車のバッテリーかとも思いましたが軽自動車用は高さがあります。
今回、少し小さいのですが2輪用としてはほぼ最大のバッテリーに入れ替えました。
小ぶりになった分、ケースを変更します。

センタースタンド受けゴム新調です。

インマニゴム  2013/06/22
 

劣化が激しかったインマニゴム、再製作で新調です。
インテークのマニホールドは、段付を取るために研磨してあります。

シフトペダル取り付け変更  2013/06/22
 

ピロ加工していたシフトペダル、マフラーとの隙間が極狭なので干渉してしまいます。
せっかくピロにしたのですが泣く泣く変更で元に戻します。
これも単に交換だけでなく、ステップを少し外に出し ピロのシャフトは外しノーマルのシャフトを少し詰めてネジを切ってと一筋縄にはいきません。

チェーンカバー新調です。

プリモ様タンクとアルミシートカウル  2013/06/22
 

輸送中のトラブルが心配で持参頂いたプリモ様タンクです。
プリモ様に製作依頼時タンク、フロントフェンダー、サイドカバー、そしてこのアルミシートカウルが一式セットだったとのことです。
偶然とはいえ、驚きの事実に「びっくり仰天」です。数十年ぶりの再会です。
アルミカウルとタンクの形状線はぴったり合います。
シートはその後、オリジナルタンクに合わせて作成されたのでしょう。

ちなみにサイドカバーの切込み形状もタンク、リアシートカウルにぴったりなんだそうです。
現在、サイドカバーはどなたかがお持ちなのか所在は不明です。
・・・・・ご存じの方、ご一報を頂ければ幸いです・・・・・・

リアショック取り付け位置  2013/06/15
 

画像左は私の車両です、真ん中はClassic MV Agustaで売りに出ているスィングアームです。
スィングアーム側のショック取り付け位置に注目です。
なぜか私のスィングアームは外側に取り付け位置があります。理由はわかりません。
ショック少しハの字になるのでブッシュ削って装着です。

リアブレーキまわり  2013/06/14
 

ブレーキマスターのアームとリザーバータンクのステーはワンオフです。なかなかかっちょいいです。
油圧のストップスィッチに交換です。

フロントもおわりほぼ完了かな  2013/06/10
 

ホイルベアリング、ステムベアリング上下、交換です。
ステムナットとまらないのでワッシャーを作成。
ブレーキは、キャリパーシール、パット、ホース、マスター、交換、メーターギヤ、オーバーホール

フロントショックは、かなり硬い感じです。

CERIANI GP ヤフオクに  2013/06/07
 

ebayで購入したCERIANI GPはオイル漏れしていてOHしないと使えません。シール探すのに時間かかります。そんな時ヤフオクにCERIANI GPが出展されまいた。
結構、競りましたが何とか落札です。

画像は出展者様の画像をお借りしております。出展者様、問題あればお知らせください。

ステアリング周辺  2013/06/06
 

ベアリングに錆がありゴリゴリしてたので交換です。
タイヤ&ベアリングもゴリゴリだったので交換、フロント周りも、ベアリング、オーリング、スナップリング交換です。

フロントまわり  2013/06/06
 

本日は6月6日ダミアンの誕生日です。
フォークは、両方ともオイル漏れが有り、オーバーホールします。
左側はスカスカでオイルシールの抜け留めのスナップリングが入っていませんでした。
インナーチューブ ハンドルの付く辺りになぜか傷があります。
スプリングが左右違う物が入っていて、なんででしょか?

フレーム  2013/06/02
 

フレームに余分なものがあり、切り取ろうかどうしようか悩んでいました。なにやら継ぎ足したような跡があります。
先輩方々の車両にはこの部分はありません。勇気ある決断でぶった切りました。

セルダイナモ  2013/06/01
 

セルダイナモのシャフトは、同梱されていた短いのを使わないとチェーンに当たるので、本体側を削って装着です。

シフトのシャフトとリアスプロケット  2013/05/31
 

なんとかシフトシャフトを加工して装着しました。リアのスプロケットも装着完了です。

リアスプロケット  2013/05/29
 

スプロケは、取り付けのボルトを入れるスペースが無いので、スタットボルトを出してから装着になります。
スターターベルト交換です。

タイヤ交換  2013/05/29
 

装着されているタイヤはMichelin M45です。現在のM45と違いM38の後継っぽくパターンがかっこいーです。
タイヤの山はほとんど減っていませんが硬化していてカチカチです。最近は18インチのタイヤも少なくなっており選択肢もあまりなく、とりあえずDUNLOP TT100GPつけておきます。

タイヤは硬化でカチカチで交換は大変だったようです。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

 

 

- Topics Board -