MV AGUSTA 900 S Arthuro Magni Cento Valli

2012年12月25日NomesobonBBSに4気筒の売物情報の投函が、車両の情報を見るとMV AGUSTA 900 MAGNI Special.です。
フレームはマーニの旧型、おぉこれは「買い」鴨と!(^^)!、帰省ラッシュになる前に名古屋まで、先約1名様で私は二番手、
権利が回ってきたら、これも縁だと思ってと密かに期待していたところ、先約様が見送られたことで私のところへ・・・
「やった〜」買ってしまいました4気筒!
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
プリモ様タンクとアルミシートカウル  2013/06/22
 

輸送中のトラブルが心配で持参頂いたプリモ様タンクです。
プリモ様に製作依頼時タンク、フロントフェンダー、サイドカバー、そしてこのアルミシートカウルが一式セットだったとのことです。
偶然とはいえ、驚きの事実に「びっくり仰天」です。数十年ぶりの再会です。
アルミカウルとタンクの形状線はぴったり合います。
シートはその後、オリジナルタンクに合わせて作成されたのでしょう。

ちなみにサイドカバーの切込み形状もタンク、リアシートカウルにぴったりなんだそうです。
現在、サイドカバーはどなたかがお持ちなのか所在は不明です。
・・・・・ご存じの方、ご一報を頂ければ幸いです・・・・・・

リアショック取り付け位置  2013/06/15
 

画像左は私の車両です、真ん中はClassic MV Agustaで売りに出ているスィングアームです。
スィングアーム側のショック取り付け位置に注目です。
なぜか私のスィングアームは外側に取り付け位置があります。理由はわかりません。
ショック少しハの字になるのでブッシュ削って装着です。

リアブレーキまわり  2013/06/14
 

ブレーキマスターのアームとリザーバータンクのステーはワンオフです。なかなかかっちょいいです。
油圧のストップスィッチに交換です。

フロントもおわりほぼ完了かな  2013/06/10
 

ホイルベアリング、ステムベアリング上下、交換です。
ステムナットとまらないのでワッシャーを作成。
ブレーキは、キャリパーシール、パット、ホース、マスター、交換、メーターギヤ、オーバーホール

フロントショックは、かなり硬い感じです。

CERIANI GP ヤフオクに  2013/06/07
 

ebayで購入したCERIANI GPはオイル漏れしていてOHしないと使えません。シール探すのに時間かかります。そんな時ヤフオクにCERIANI GPが出展されまいた。
結構、競りましたが何とか落札です。

画像は出展者様の画像をお借りしております。出展者様、問題あればお知らせください。

ステアリング周辺  2013/06/06
 

ベアリングに錆がありゴリゴリしてたので交換です。
タイヤ&ベアリングもゴリゴリだったので交換、フロント周りも、ベアリング、オーリング、スナップリング交換です。

フロントまわり  2013/06/06
 

本日は6月6日ダミアンの誕生日です。
フォークは、両方ともオイル漏れが有り、オーバーホールします。
左側はスカスカでオイルシールの抜け留めのスナップリングが入っていませんでした。
インナーチューブ ハンドルの付く辺りになぜか傷があります。
スプリングが左右違う物が入っていて、なんででしょか?

フレーム  2013/06/02
 

フレームに余分なものがあり、切り取ろうかどうしようか悩んでいました。なにやら継ぎ足したような跡があります。
先輩方々の車両にはこの部分はありません。勇気ある決断でぶった切りました。

セルダイナモ  2013/06/01
 

セルダイナモのシャフトは、同梱されていた短いのを使わないとチェーンに当たるので、本体側を削って装着です。

シフトのシャフトとリアスプロケット  2013/05/31
 

なんとかシフトシャフトを加工して装着しました。リアのスプロケットも装着完了です。

リアスプロケット  2013/05/29
 

スプロケは、取り付けのボルトを入れるスペースが無いので、スタットボルトを出してから装着になります。
スターターベルト交換です。

タイヤ交換  2013/05/29
 

装着されているタイヤはMichelin M45です。現在のM45と違いM38の後継っぽくパターンがかっこいーです。
タイヤの山はほとんど減っていませんが硬化していてカチカチです。最近は18インチのタイヤも少なくなっており選択肢もあまりなく、とりあえずDUNLOP TT100GPつけておきます。

タイヤは硬化でカチカチで交換は大変だったようです。

あら、短い  2013/05/25
 

シフトのシャフト、なかなか入らなかったのですが、入ったと思ったら短い(泣)
写真真ん中はMAGNIのホームページより

セルダイナモ周り  2013/05/27
 

セルダイナモ周り、配線カバーボロボロだったので交換です。

ギアボックスはなんとか  2013/05/23
 

まる一日を費やしてなんとかギアボックスの目途がたちました。
さすがイタリアンです。
走行少なしの感じを持っていたのですが、ボックスの奥のミッションを見るとやはり綺麗、あまり走行していないようです。
ストレーナーに金属片がかなり入っています。オイルフィルタードロドロなんで交換です。
エンジン、ミッションも当たりの予感です。

インマニゴム  2013/05/21
 

キャブが大きい分インマニゴムも少々でかいようです。(左車両はY様ひばり号です)
キャブを外した時から劣化が激しかったので交換を予定しています。

リアブレーキマスター  2013/05/15
 

リアブレーキマスター15mm径は既に廃番になっています。TAMA4S様のレーサーと同じものは入手できません。
いろいろ調べ、取り付けピッチ50mmシリンダー径16mmのものしかありません。商品番号10.4776.65です。
数件の部品通販サイトで注文したのですが欠品だの廃番などど、仕方なし少し高いですがコーケンショップさんに在庫があるようなので注文しました。
商品番号は不明なのですが非常に気になるブレンボのマスターを発見、「brembo レーシングパンタ/TT1/TT2 リアマスターシリンダー」取り付けピッチを聞くと50mm、品番を聞くと”不明””非常に稀少品””ついに入荷”Racingだし、もしかしらた15mmでは、値段はコーケンさんに注文したものの2.85倍です。希少って書いてあるので売り切れになる前にと勇気を出しました。
左の比較画像を見てください。違いは一目瞭然、わかりますか?
ボディに刻印されている数字は右が10.2934.02、左が10.2934.02なんです。
見た目は同じに見えますが、まったく同じものなのです。
まんまと騙されました。
ちなみにTAMA4S様のレーサーに装着されているマスターの刻印は10.2934.00で今回の購入品が10.2934.02で下2型が違うだけ、コーケンショップ様に問い合わせしたのですが、ボディーの刻印は品番ではないとのことで詳細はわかりませんとのことです。
今回購入したマスターは10.4776.65が正しい品番とのことです。
リザーブタンク50mmです、これもTAMA4S様のレーサーに装着されているものと同じで既に廃番品です。



CERIANI GP 320mm  2013/05/12
 

ebayで落札したCERIANI GPが到着しました。確かに当時もののようで、アルミボディーです。
しかし、既にオイル漏れしています。シール探せるのか不安です。トホホ

キャブオーバーホール  2013/05/10
 

キャブオーバーホールのためバラします。
ダイヤフラム ゴムが硬化して動かず、ニードル腐食あり交換です。
インマニゴム少し怪しい劣化です。
グッチーノさんに部品注文、入荷待ちです。

PHF30B改  2013/05/03
 

ファネルを少し長いものにしようPHF用マロッシの70mmをグッチーノ様に注文するために問い合わせ、念のためにサイズ44.3mmピッチ1.25取り付け径の確認です。何度となくグッチーノさんとやりとりをやっているうちに・・あれっサイズが違います。謎?なんでだろう。
まさかキャブとファネルの外径を加工しているなんて思いませんよね。真ん中の画像を見てください。キャブの径削り込んでいます。47.6mm→44.3mmだれがこんな加工を思いついたのか?
http://www.magni.it/cornetti_carburatori.htm
これMAGNIさんのページ、PHF M44x1、25が掲載されています。
削ったのはマーニさんなんですね。しらなかった。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

 

 

- Topics Board -