所沢の野々村エンジニアリングでレストアをします。
冬は北海道ではバイクに乗れませんので雪どけまでゆっくり時間はあります
 今度は所沢へ・・・
レストアは「やるか」、「やらないか」です・・・
キャラメルモータスさんで購入決定後いろいろ悩みました。
レストアはやるなら全部やらなければ意味がありません。やらないでそのまま乗るか・・・オイルモレしてるし、フロントブレーキもやや難・パーツ確保の問題。中途半端は私の真情ではないので「レストアするぞ」と心に決め、Yahooオークションで知り合えた方の紹介で野々村エンジニアリングさんを紹介いただきました。
750SをはじめAmerica、350B、125Sとアグスタのレストアを多く手がけている方です。2003年9月9日お願いすることを決定するためにいざ所沢へ出発です。再び札幌からの所沢へ・・・
やっぱりホレボレします。

2002年9月9日野々村エンジニアリングさんへ訪問です。当日は残暑厳しい午後でとても暑い日でした。キャラメルさんには無理言って車両の運送手配を行っていただいていましたので車両は到着していますm(__)m
まだAgustaをじっくり見ていません。この日も滞在時間は2時間ほどです。
←・・ 車両の後ろに見えるのはレストア中の125Sのタンクとフロントフェンダーです。

じっくり見るつもりで行ったのですが・・やはり車両を見ると舞い上がってしまう自分が情けない・・・デジカメで写真とるのが精一杯でした。
 全体のバランスもさることながら細部もいいです。
やっぱり結構グラマーです。
←・・・
やっぱり後姿が好きです。でっぱったタンクが何ともといえないです、線は細いがちょっとグラマーです。やっぱり好みな線です。シートカウルは前後に移動する仕組みになっています。
・・・
サイドカバーはプラスティクなのでやはり色があせてしまうんですね。このデザインも気に入っています。中央のスリットとシルバーのカラーもいい感じです。125Sのエンブレムも泣かせます。
←・・・
アップで撮ってみました。"Club MV AGUSTA EST.1983"ステッカーの形状とカラーが750Sのタンクなんですね。
・・・
タンクのでっぱりわかりますか?えらが張っていますよね。これがたまらなくスキです。

 これで4サイクルなんですか?
やっぱりメータはSmiths
いやーヘッドがなんでこんな形状なのでしょうか?と思うぐらい2サイクルっぽいですよね。これで4サイクルなんです。エンジ音は1度だけ聞いたことがあるのですがとにかくメカ音でガチャガチャが高速で回っているような感じです
←・・・
じっくりスタンドの付け根をチェックしてみました。溶接後に塗装したあとがわかります。この非弱さは仕方ありません。レストアの時にここは補強が入る予定です。
・・・
スミス製(Smiths)のオリジナルのメータです。たぶんカチカチってうごくやつではありません。走行距離は17029Kmです。私の代で走行距離がどこまで伸びるか楽しみです。